アートネイチャー通販商品
進化系アートミクロン『アートミクロンプラビ』誕生!さらに使いやすくおしゃれになりました。...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィッグの人毛は染めることができます。

ウィックでも人毛のウィッグは染めることができます。また色抜きして好みの色に染めることが出来るのは人毛のおおきな特徴かもしれません。
人工毛は染め直すことが出来ません。

人毛ウィッグの場合は1年もすると色褪せてきます。
ウィッグを色抜きをして再度染め直さねばならないかもしれません。


なぜか? 自毛の髪の色とウィッグの髪色が違いすぎるとウィッグだとすぐに分ります。
人工毛は色褪せすることがありませんが、人毛の場合は、褪色して染めなおさねばなりません。



【アデランスから新提案!】使用量の調節が可能/水に強い/自然な仕上がり/気になる箇所にふ...



人毛ウィッグのメリットは?
・自然な感じ。
・人工毛と比べると、手触りがとても良い。
・太陽の光にあたっても輝き方が自然。
・毛染めが可能。
・自毛との馴染みがよい。
など長所もありますが、最近は人工毛が主流です。


部分かつらを自分の頭に合わせて発注した場合は、発注から出来上がりまでは約1ヶ月少々で出来上がってきます。出来上がってきたかつらを自分の頭髪に合わせてカットしていきますが、当然ながら切りすぎると元に戻すことは出来ませんので結構神経を使うらしいです。

また髪型も短くしすぎると途中から「長めの髪に・・」というわけにはいきませんので、こちらとしても慎重に髪型を決めないといけません。



セット・ウェーブなどは後々いくらでも変更できます。
ウェーブも新しいうちはなかなかセットが取れにくく自分で洗髪しても乾かすだけで元通りの髪型に戻ってます。最近は髪質も改良されて記憶繊維の毛髪を使ったかつらですので洗っても乾かすだけで元の髪型に戻ります。


髪の傷みの原因と手入れ



サロンでのセット自体もそれほど強くかけずに出来るだけ自然に見える程度のウェーブをかけますが、2年程度経過するとセットも崩れやすくなります。

日日ブラッシングなどしますのでそのときにだんだんとウェーブがなくなっていきます。
また繊維自体の記憶も失われていくのでしょうか、強めの温度でのセットをするのですがどうしても崩れずやくなっていきます。


また髪質(繊維)自体の艶がなくなりカサカサとしたように感じます。
そのような場合は艶出しスプレーで補います。


関連ワード:動画 無料 画像 ダイエット ブログ ウィッグ 増毛 育毛 毛髪

theme : ヘアスタイル・ヘアアレンジ
genre : ファッション・ブランド

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。