アートネイチャー通販商品
進化系アートミクロン『アートミクロンプラビ』誕生!さらに使いやすくおしゃれになりました。...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗がん剤治療で脱毛、医療ウィッグ(かつら)それとも帽子・バンダナ

抗がん剤治療後に脱毛して医療用ウィッグ(かつら)または、帽子などを着用したおられる方はおおいと思います。

聞くところによると帽子は冬の時期はいいのですが、夏場に抗がん剤治療で脱毛の症状が起きて帽子等を着用する場合、”暑くて”と聞いたことがあります。

男性ならこのときばかりとスキンヘッドもいいですね。
ユル・ブリンナー(チョット古いですが。。)ってカッコいいですよね。


何故か抗がん剤治療後の脱毛症状後に着用される帽子はつばのない毛糸の帽子が多いように感じました。

(何か治療もしはその後の育毛に関係があるのですかね??わかりません。。が何故か黒の毛糸の帽子が多いですね。髪に合わして黒の帽子なのですかね?)


かつらの場合はかつらの中心部はネット状にになっています、そのネットに毛髪、(ポリエステルなどの人工毛を植えてあります。植えるというより網目に結んだあると言った表現の方が適切かも知れません・・・)が植えてありますので暑いようですがそれほど蒸れることはないと思います。
医療用かつらは数千円台からあります。



中には数十万円もするような医療用かつらもありますが、数ヵ月後には御用済みとなる商品ですので、高額な商品を購入するのはもったいないですね。それらを考えれば帽子でも良いのかも知れませんが、より自然にまた、脱毛を気にされて暗い気持ちになったり、落ち込んだりするのであれば、医療用かつらも良いのではないでしょうか?


抗がん剤治療で落ち込んでいる上に、脱毛の症状ですからなおさら暗くなるかも知れません、上手に医療用かつらなどを使用して出来る限り明るく前向きに治療に専念したいものですね。


関連ワード:増毛 発毛 口コミ 女性 スカルプ スキンヘア 番組 DVD 育毛 抜け毛

theme : ヘアケア
genre : ヘルス・ダイエット

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。