アートネイチャー通販商品
進化系アートミクロン『アートミクロンプラビ』誕生!さらに使いやすくおしゃれになりました。...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円形脱毛症から男性用部分かつらに次の手はスキンヘッドへ

一昨日友人から、男性用部分かつらってそんなに高くつくのか。。「スキンヘッドにしたら。。。俺なら迷うことなくスキンヘッドにするけどな? また嫁さんが許してくれんやろ。そんなに高くつくんなら。。といわれました。

若くして円形脱毛症になり、薄毛対策に成り行きで男性用部分かつらにしたのが始まりで、間違いだったかも・・


実際に他人の頭(髪)のことなど気にとめてないものです。名も知れぬ60歳半ばのおっさんの頭が禿げていようが、フサフサであろうが他人からみればどっちでも良い話だと私も思います。。
なぜ?かつらに。。。といわれれば答えようがありませんが。。。(笑)


最初は何となく仕事柄、頭のハゲかけたおっさんに若い子の気持ちがわかるか?(ファッション関係の仕事)といわれているような気になり若作りのために男性用部分かつらをしてきましたが、最近の自分の仕事量からしてみるとそろそろ友人のアドバイスのようにスキンヘッドの時期かも知れません。
今までには高級外車が買える程度の金額は投資してきました。


今回も新たに作ったところですので少なくとも今後2年間はこの状態で行きますが、次は考える時かも知れません??




年末の忙しいときになるまでに(年末だといって特別にやることもないのですが。。。)とおもって昨日かつら調髪ならびに散髪をしてきました。


新しいかつらが出来てから2度目の調髪ならび散髪(自毛の散髪)です。新しいかつらは最初の一ヶ月程度では様子見で髪型も少し長い目にしてます。
昨日は少し短くまた髪を少し剥くといった状態で自毛に会うようにセットしてもらいました。


また、ピン(ワンタッチクリップ)の位置が自毛の少ない部分に当たるように感じたので今の位置より1センチずらして再度付け直しました。
これでより以上にしっかりと装着(かつらを付ける)することが出来ます。





theme : 抜け毛・発毛・育毛
genre : ヘルス・ダイエット

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。