アートネイチャー通販商品
進化系アートミクロン『アートミクロンプラビ』誕生!さらに使いやすくおしゃれになりました。...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗がん剤治療で脱毛が起こるとは限りません。

抗がん剤治療では男性、女性に限らず治療中に脱毛という症状が起こりますが、抗がん剤治療を
受けたからといって必ず脱毛の症状が出るとは限りません。


抗がん剤の種類によって脱毛しやすいものと、しにくいものがあります。


通常、抗がん剤は、複数を併用して処方される場合が多いので、脱毛の症状は、抗がん剤の種類、投与の方法、量などで個人差があります。


それゆえ抗がん剤治療を受けても脱毛の症状がほとんど出ない患者さんもおられます。
反対に抗がん剤治療の為に毛髪、まつげ、、体毛など全身におこることもあります。


抗がん剤治療を行われる方は、かかりつけ医師に副作用について、詳しく確認をしておくと良いでしょう。
不安な要素は出来るだけ早く取り除いて治療に専念したほうが治療にも良い結果が得らでしょう。

また抗がん剤投与を行って、すぐに脱毛が始まるわけではありません。
通常、2週間から3週間後に脱毛が始まり、治療終了後は約6ヶ月程度で自髪に戻ります。


女性の場合の脱毛は男性以上に悩まれることとおもいますので、出来れば早い目に医療用かつらなどを準備して治療に専念できる環境を作り前向きな姿勢で治療に専念するのがよいと思います。


抗がん剤治療といえば精神的にも不安な気持ちの上、脱毛までの症状が出るとなおのこと落ち込まれることでしょう。


約半年後には自髪に戻るとはいえその間の精神状態をかんがえればひとつでも不安な要素は取り除いて前向きな姿勢で治療に専念することが望ましいのではないでしょうか?

theme : 抜け毛・発毛・育毛
genre : ヘルス・ダイエット

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。