アートネイチャー通販商品
進化系アートミクロン『アートミクロンプラビ』誕生!さらに使いやすくおしゃれになりました。...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄毛・抜け毛対策ー「ニッポン薄毛調査親子偏」

頭髪の日(10月20日)に合わせて薄毛・抜け毛対策の一環として万有製薬は、薄毛を自覚する父親世代、薄毛>の父親を持つ子供世代を対象に「ニッポン薄毛事情2009親子偏」を調査した。


父親世代は自分自身の薄毛を自覚し、20ー30歳の社会人の第一子をもつ40ー59歳の男性、子供世代は父親の年齢が59歳以下で父親の髪の状態が薄毛>だと思う20ー34歳の社会人の男女、調査から面白いデータが浮かび上がった。


子供が自分の薄毛を気にしていると思う父親は、23.2%で、半数以上(58%)の父親は「気にしていない」と思っている。

子供のほうは、47.6%と半数近くが父親の薄毛を「気にしている」と答えている。
父子間に薄毛に対してギャップがあるのが見て取れる。

薄毛・抜け毛対策としての親子間で温度差が見て取れる


関連ワード:増毛 発毛 口コミ 女性 スカルプ スキンヘア 番組 DVD 育毛 抜け毛 






父親の薄毛を気にする理由は、娘の場合は「父親が薄毛を気にしているから」が60.7%でトップだが、息子の場合は「自分も将来薄毛になるのではないかと不安だから」が56.9%でトップになった。
娘は父を気づかうのに対し、息子は自分のことが心配な様子で深刻さがあらわれている。

息子は薄情だね~(笑)


父親は自分の薄毛を気にし始めた年齢は「45歳以上」(40.6%)が最も多いのに対し、子供に現在の自分の髪の状態を聞くと20代後半で22.5%、30代前半(33.3%)自分の薄毛を自覚。


全体でも24%と約4人に1人が気にしている。薄毛の父親を持つだけに、父親世代より子供世代の方が、薄毛感度が高いといえそうだ。


父親が薄毛の対処を始めたきっかけは「第1子の子供から指摘されたり、勧められた」が35.1%でトップだが、子供に父親が薄毛対処を始めたきっかけを聞くと「わからない」が54.7%でトップとなった。
自分では気にせずに発した一言が、結果的に父親の薄毛対策の背中を押したといえそうだ。


このサイトで直近に検索された語句の一部

髪 休止期
女性のヘヤーカタログ
抗がん剤治療後抜け毛男性
小口雅之
女性 10円ハゲ





theme : ヘアスタイル・ヘアアレンジ
genre : ファッション・ブランド

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。