アートネイチャー通販商品
進化系アートミクロン『アートミクロンプラビ』誕生!さらに使いやすくおしゃれになりました。...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーコードはげからスキンヘッドにする勇気

バーコードハゲについていろいろと調べてると、一般的にバーコードはげのプロセスは。。ある日突然、バーコードはげになったのではなく、普通の七三分けだったのが、段々と薄くなり、気づいてみるとバーコードになっていたということです。




商品リニューアルにより旧商品半額!夕方になると髪のボリュームがべたっとしてしまう方、しっか...

バーコードになったら潔くスキンヘッドにするなりすればいいのにと思うのですが、バーコードになった人から見れば髪が全くなくなっているのではなく普通に比べて少しだけ(本人の意識らしいですが。。)髪の毛が少ないだけでないわけじゃなく「髪はあるんだ」と言うところを見せたい真理が働くとか??という意識なんだそうです。


ご婦人からよく聞くのが ”お父さんもだいぶはげてきましたので、最近丸坊主にしてますよ”という話ですが、
そこで、バーコードはげ(他のはげもひっくるめて。。)なのでスキンヘッドとか丸坊主にする時の勇気とかつらを外すときの勇気どちらが勇気がいるだろう と思いますか?(笑)





ヘアーサロン店主の友人に聞くと若くしてかつらをしている人はほとんどが60歳になたらかつらを外すといいながらよう外さないですね?という話でした。
一度つけると70歳過ぎまではなかなか外す機会に恵まれないとか?。。。

かつらを徐々に薄くというわけにも行きませんしね (目的からすれば反対ですからね、薄いところからだんだんに濃くするというのが一般的ですが。。)


かつらを外すにしろ、バーコードはげから一気にスキンヘッドにしろ変化の大きいヘヤースタイルは勇気がいると思いますよ。


バーコードはげになってからでは遅すぎる...




theme : 抜け毛・発毛・育毛
genre : ヘルス・ダイエット

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。