アートネイチャー通販商品
進化系アートミクロン『アートミクロンプラビ』誕生!さらに使いやすくおしゃれになりました。...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

髪は、成長期・退行期・休止期を繰り返します。

髪は、成長期・退行期・休止期を繰り返し、一定成長した後に抜けて、抜けた毛穴から2~3ヵ月後、新しい髪に生え変わります。が、休止期が長くだんだんと生えてこなくなるといわゆるハゲになるのです。


1.成長期
毛母細胞が分裂を繰り返す時期。
休止期になくなった母毛細胞が細胞分裂を繰り返し髪となり、表皮へと伸びていきます。
そして、頭皮から出ている毛幹部が太く、そして長くなっていきます。



2.退行期
色素細胞がメラニンの合成を止め、内部の細胞がやせて細くなります。
分裂を繰り返していた母毛細胞の増殖のスピードが急速に落ちていきます。



3.休止期
髪が成長を完全に止めてしまう時期です。
その下では、新しい髪が表皮に出る準備をしており、古い髪はいつ抜けてもおかしくありません。
ブラッシングやシャンプーで簡単に抜けてしまう髪は、この時期のものです。

この時期の毛乳頭は毛根部分から離れ、新しい髪の成長の準備をしています。
休止期が長いと新しい髪がはえてこないことがあります。





髪にはこのようなサイクルがあり、1日約50?100本抜けます。
問題は、休止期の髪が抜けているかどうかで、寿命を終えた髪は毛根がふっくらして、マッチ棒のようなのに対し、毛根に丸みがなく、細くパサついている場合は円形脱毛症などの異常脱毛の可能性があります。


また、髪の状態・頭皮の状態も個人差があります。育毛剤等においてもAさんには効果があったがBさんには効果がなかったなど。。。

髪について(ハゲ・育毛など)いろいろと研究されていますが、完全な育毛剤などは出てないようですね。「比較的効果があった。」などが正直なところじゃないですか?

フケが大量に出ると薄毛・抜け毛のシグナルかも。。。



本当に生えてくる(間違いなくフサフサになる)ような育毛剤が発売されればあなたならいくらまで出しますか?
もし1瓶しかなくてオークションに出せばいくらの値段が付くでしょうかね???(笑)



今のところは、自分にあった育毛剤(また多くの方に効果があった育毛剤)を求めて予防するのがベストでしょうね。








theme : 抜け毛・発毛・育毛
genre : ヘルス・ダイエット

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。