アートネイチャー通販商品
進化系アートミクロン『アートミクロンプラビ』誕生!さらに使いやすくおしゃれになりました。...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗がん剤治療の副作用による抜け毛・脱毛前の準備はかつら、帽子?

抗がん剤治療をしたからといって必ず副作用の脱毛が始まるとは限りません、
抗がん剤の副作用による脱毛の程度は、人によって個人差があります。副作用がきついと言われている抗がん剤を投与しても、あまり脱毛しない人もいます。


抜け方もさまざまです。頭頂部が抜ける人、全体にまばらになる人、頭部全般にわたって抜ける人、中には体毛までも抜ける人もあります。

抗がん剤治療と脱毛の心準備
抗がん剤治療でもし脱毛が起こったら。。
抗がん剤治療で脱毛、医療ウィッグ(かつら)それとも帽子・バンダナ


かつらが必要なほどではないものの、やはり多少カバーしたい、という人もいるでしょう。

また、普段はかつらを使用しているけれど、ムレるので時々にしたい、あるいは、かつらは外出時だけにして、家の中では気楽にしていたい、という方もおられると思います。

そんなときに便利な方法をご紹介します。






●帽子

最近は帽子が流行していて、室内で帽子をかぶっていても違和感を感じないようになりました。帽子のタイプはキャップ型よりもつばの深いもののほうが、髪の毛のないのがわかりにくく、かぶっていて安心できます。

色、形なども実にさまざまなものが販売されています。抗がん剤治療の前に出向いて気にいったものを購入しておくとよいと思います。

また、購入する際は、髪のあるときと脱毛中とでは、帽子のサイズが違ってきますので、気をつけましょう。ある程度伸縮性のある素材のものを選ぶと、頭にフィットします。


抗がん剤治療後の脱毛、髪が生えてこない苦しみ?
抗がん剤投与による抜け毛・脱毛とは





●ニットキャップ

抗がん剤治療中は、ニットキャップも便利です。かつらや普通の帽子だと、点滴中、横になっているときに浮いたりずれたりしやすく、気になるものですが、ニットキャップなら頭にフィットするので、安心です。

また、風にも飛ばされにくく、保温性もあるので、冬場は重宝します。夏場はちょっと暑くろしく感じますが、細番手用のニットキャップなどもありますのでスタイルに合ったものを探せば見つかります。


●その他
ターバン、バンダナ、タオル帽子なども安価で利用できますので、自分にあったものを選びましょう。

また、抗がん剤治療の前に医師に相談して脱毛が起きるようだと早めに準備しておくと脱毛が始まっても慌てることなく対応でき、治療に専念できるでしょう。



関連ワード:増毛 発毛 口コミ 女性 スカルプ スキンヘア 番組 DVD 育毛 抜け毛 




theme : 女性の悩み解消しましょう!
genre : ヘルス・ダイエット

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。