アートネイチャー通販商品
進化系アートミクロン『アートミクロンプラビ』誕生!さらに使いやすくおしゃれになりました。...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗がん剤投与の副作用による脱毛は医療用かつらで対処

抗がん剤治療に伴う副作用としての「抜け毛・脱毛」は、患者にとって、とても憂鬱なことのひとつです。
特に女性にとってはがん治療以上に悩まれる人さえいます。”髪は女の命”というのが分ります。

抗がん剤投与の副作用で起きる脱毛の対策は早めに医療用かつらを準備して治療に専念できる体制を整えることが必要です。
脱毛が起きた時のために早めに医療用かつらを準備しておくと幾分ショックを和らげる効果もあるでしょう。



がん治療という不安材料の上に脱毛、ますます憂鬱になりがちです。前もってと脱毛ケアについて把握しておくと幾分安心して治療に専念できるでしょう。


がん細胞は分裂、増殖の速度が速いという特徴があります。抗がん剤は活発ながん細胞を攻撃しますが、同じような特徴を持つ正常細胞にも抗がん剤が攻撃してしまいます。脱毛もそのひとつです。


抗がん剤の種類・量・投与期間によっても、脱毛の程度は変わりますし、同じ薬剤を投与していても、脱毛や発毛の程度やスピードは人によって違います。
脱毛が起きない人もいます。


また、脱毛の度合いは投与される種類によって異なりますので事前に医師に相談するのも良いでしょう。




抗がん剤を投与して2?3週間で脱毛が始まるますので、事前に脱毛に備えて準備をしておくのも良いでしょう。帽子とかバンダナとか医療用かつらを準備されるのも良いかと思います。


医療用かつらの場合は少し早い目に準備されるとよいと思います。また、脱毛が始まると前に準備する場合は脱毛した分、頭周りが小さくなりますので、サイズ決めにはその分を考慮して決めるようにしましょう。


また、投与される抗がん剤、量などによっては眉毛、まつげ、体毛までも抜ける場合があります。


治療終了後3?6ケ月程度でまた髪は生えてきます。が、元の髪質と違った毛が生えてくる場合もありますが、2年くらいでほぼ元の髪質に戻ります。



髪は体調の安定している治療前にあらかじめ短めにしておくとよいでしょう。髪が薄くなっていくのが目立ちにくく、シャンプーの時などにも抜け落ちる量が少なくてすみます。、
長髪から抜け落ちる髪を見るとそれだけでも憂鬱になります。


また、治療後に髪は生えてきますが、いきなり脱毛前の長髪のヘアースタイルというわけにも行きません、そのためにも短めの髪になれておくのも良いでしょう。

一時的に脱毛しても髪は生えてきます。安心して治療に専念しましょう。

関連ワード:ヘアースタイル 増毛 発毛 口コミ 女性 スカルプ スキンヘア 番組 DVD 育毛







theme : 薄毛・抜け毛
genre : ヘルス・ダイエット

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。