アートネイチャー通販商品
進化系アートミクロン『アートミクロンプラビ』誕生!さらに使いやすくおしゃれになりました。...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かつらの毛量と制作の難度

かつら毛量について考えってみたいと思います。
かつらをを作るとき毛量を指定できます。


毛量を多目にするか?少な目にするか?などを指定してかつらを発注できますが、かつら業者(かつらを作る人)から見れば毛量が多い方がかつらは作りやすのだそうです。


かつらの毛量が多い場合は、極端に言えばかつらの基布に隙間なく髪を植え付ければよいので、かつらを作りやすいのだそうです。


難しいのは少なめの毛量で地肌が見えないように均一に髪を植え込む方がかつらを作る方から見れば難しいのだそうです。

進化系アートミクロン『アートミクロンプラビ』誕生!さらに使いやすくおしゃれになりました。...


また年齢にもよりますが、薄毛が目立ち始めるころにいかにもフサフサな毛量のかつらはチョット不自然ですよね。


今使っているかつらも数年前に作ったときは自毛の毛量も多かったのでそれにあわせたかつらを作りましたが,


その後、最近は特に髪が薄くなりまた髪自体も細くなったように感じられますので次に作る男性用部分かつらは毛量を少なく、
毛質的にも幾分細めで柔らかめの毛質の人工毛を使って作ろうと思っています。





ここ数日の猛暑日、かつらは大変です。
何もしなくても汗がにじみ出てくる暑さなのに、いくら性能がよく、通気性がよいと言ってもかつらの下には汗がにじみ出ます。



かつらを外して汗を拭けばよいのだが。。。。それもできずに汗の引くのを待つより仕方なく。。。。かつら着用は夏場より冬場の方が楽ですね。
早く涼しい時期になれば・・・・と憂鬱な日々だ続きます。







theme : ヘア・ケア
genre : ヘルス・ダイエット

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。