アートネイチャー通販商品
進化系アートミクロン『アートミクロンプラビ』誕生!さらに使いやすくおしゃれになりました。...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィッグ展示会で試着できますとは。。

ウィッグ展示会で試着できます。」という新聞折り込み広告
薄毛、抜け毛を抑えれればウィッグ(かつら)までいくことはないでしょうが(?)、抜け毛が進んで地肌部分が見え始めてくればやはりウィッグ(かつら)に頼らなければならないかもしれません。


ウィッグが試着できますという「ウィッグ試着会」は。。
おしゃれ用のウィッグ(かつら)は髪のボリュームアップであったり白髪隠しであったりイメージチェンジのために髪型を変えるかつらであったりと、、はげ隠し用のウィッグ(かつら)とはちょっと違いますね。
実際には値段の面からもウィッグの作りの面からも随分と違うように感じます。


何より違うのが、ウィッグを使う人の気持ちが違いますよね
髪をなくされて必要なウィッグは命の次に必要なモノかもしれません。
「髪は女の命」とまで言うじゃありませんか?


男性の場合は、「おしゃれ用にウィッグ」は少ないんじゃないですかね。ほとんどいないんではないかと思いますが?。。。。
男性に関してはウィッグ(かつら)とはほとんどがハゲ隠し用に使うのが一般的です。



でも女性に関しては、怪我、病気、火傷等で髪を失ってウィッグ(かつら)を必要とする人よりもおしゃれ用にウィッグ(かつら)を注文する人の割合が高いです。






ウィッグ(かつら)展示会で堂々とウィッグを試着している人はすべてがおしゃれ用ウィッグですね。
まるで洋服でも試着している感覚でウィッグ(かつら)を試着していますが、髪をなくされた人でウィッグ(かつら)が必要な人はそうそう人前でなど試着できるものではありません。



店員さんと相談しながら(また外部からも見えるところで)ウィングを試着する。
どちらかといううとちょっと陰気になるハゲ用ウィッグの使用者とは随分と違いますね。



theme : ヘア・ケア
genre : ヘルス・ダイエット

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。