アートネイチャー通販商品
進化系アートミクロン『アートミクロンプラビ』誕生!さらに使いやすくおしゃれになりました。...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性用部分かつら(ウィッグ)着用者の心情は?

かつらをつけいる人、特に男性用部分かつら(ウィッグ)をしている人たちも、通常の人と同じように自毛の散髪もしなくてはいけません。

かつら部分の髪は伸びてきませんが、自毛は伸びますから、男性用部分かつら(ウィッグ)の場所(はげた部分)にもよりますが、自毛との差が出て男性用部分かつら(ウィッグ)だとわかりやすくなりますので、一カ月に一度程度の調髪(散髪とかつらの調整)が必要になります。


かつらの調髪はどこの店でもよい。。。というわけにはいかないのが男性用部分かつら(ウィッグ)<着用者の心情です。


また、調髪は自社商品に限りますといわれるお店もあり、自分に合っ男性用部分かつら(ウィッグ)専門店等を探すのは苦労します。

誰にでも相談できるものでもないし、またかつらの調髪をしてくれるお店をしりませんか?とはたずねにくいですね。

明石公園に咲く6月の花36



通常の散髪のようにちょっとあそこに新しい店ができたので寄ってみるか?とはいかないのがかつら着用者の心情です。

また一度、調髪またはその店でかつらを新調するとなかなか他の店に移れないのも男性用部分かつら(ウィッグ)着用者の心情です。


それ故に大手毛髪業者(アデランスとかアートネイチャーなど)での調髪での担当者が転勤するとそれに合わせて遠方まで調髪に出かける人もいます。
男性用部分かつら(ウィッグ)着用者は多くの人に見られたくないという心情が働くのでしょうか?

と同時に、調髪の技術的な面、というより自分に合った髪型、調髪をしてくれる人はなかなか見つかりにくいですね。。


髪でこんなに悩むならいっそう「スキンヘッド」に。。。と思ってもなかなか決心できないのが男性部分かつら着用者の心情です。


関連ワード:発毛 毛並み 発毛 コラム 女性 育毛剤 髪の手入れ お試し 口コミ ボリュームアップ

theme : ヘア・ケア
genre : ヘルス・ダイエット

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。