アートネイチャー通販商品
進化系アートミクロン『アートミクロンプラビ』誕生!さらに使いやすくおしゃれになりました。...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部分かつらと自毛の白髪の対策

長い間かつらをしているとこんな悩みが出て来ます。
部分かつらの寿命は3年程度です。日々の手入れなどにより寿命は幾分伸びますが、3年もたてばベースのひび割れとかそれによる抜け毛などで、急激に傷んできます。



平均すれば3年前後が本当の部分かつらとしての役目を果たす期間でしょうか?
見るからにかつらだと他人にわかれば、かつらは自己満足に過ぎず、本来の部分かつらの役目を果たせてないのではないでしょうか・・??



それは兎も角として、3年ほど使ってくると自毛の3年前を思い出してみてください。3年前は自毛に白髪が混じることはなかったのに、最近急に白髪が混じりかけたというような場合。



かつら部分と自毛部分が合いにくくなります。つまり部分かつらには白髪が混じってないのに自毛には白髪が混じっているといった状態ですから、何となく異質な感じを受けます。

関連ワード:増毛 発毛 口コミ 女性 スカルプ スキンケア 頭皮 ヘアケア 脱毛 育毛





かつらのメンテナンスにだすことも出来ます。が、3年近くもたっているとメンテナンスに出しても費用の割には部分かつらの寿命は短いですので、メンテナンス・修理に出す場合はよく考えてカらにしましょう。



一番手っ取りはやいのは自毛を染めることです。いまは簡単に自宅でも染めることができますので、白髪が目立ってくると自毛を染めて部分かつらに合わせるような格好になります。



注意する点は、部分かつらを新しく作る場合は、自毛に白髪が混じった本当の割合を見定めることです。自毛を染めた状態では白髪の割合がわかりにくいので注意しましょう。



本当の自毛の白髪の割合がわかりにくくなりますが、・・部分かつらにほんの少し(5%程度)白髪を混ぜて部分かつらを作り、自毛は2~3週間に一度は染めるようにすれば目立ちにくくはなります。





theme : ヘアケア・ヘアスタイリング
genre : ファッション・ブランド

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。