アートネイチャー通販商品
進化系アートミクロン『アートミクロンプラビ』誕生!さらに使いやすくおしゃれになりました。...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄毛の密度とは? 薄毛対処の植毛について・・


薄毛といってもどれくらいの程度が薄毛なのでしょうか?また髪自体の太さなどによって見た目は随分と変わってきます。


ちなみに個人差、性別差、年齢差等がありますが、日本人の平均的な髪の毛の太さは約0.08mm前後で、一般的に太い毛とは0.1mm以上の毛のことを指し、細い毛(=いわゆる「猫っ毛」)とは0.06mm以下の毛のことを指します。


同じ本数が生えているのなら細いより太い方がいかにもフサフサ感があります。



では実際にはどれくらいの状態になった時が薄毛と感じるのでしょうか?
日本人の場合は、1cm四方のスペースに約160本程度あった髪が80から100本抜けると薄毛になったと感じるらしいのです。



当然ですよね。髪量が半分になれば当然薄毛と感じるでしょうね・・・髪が半分程度抜けてしまうと薄毛を感じて何らかの治療なり方法で薄毛解消を試みようとします。
そこで思いつくが植毛でしょうが・・・・

関連ワード:増毛 発毛 口コミ シャンプー スカルプD スキンケア ウィッグ かつら 皮脂 カブレ





以前に植毛手術をうけて、肌荒れで(頭皮のカユミ、化膿したり)で悩んでいるという人が男性かつら専門店にきて”何ととかしてほしい”とこられたとか・・・



もちろんかつら専門店ではどうすることも出来なかったので話しだけを聞くだけにとどめたそうですが、想像以上に大変なことのようです。想像以上のカユミと化膿で・・・この人は頭皮の状態が植毛に適応しなかったのでしょう。
出来ることなら元の状態に戻せたら。。。ということだったらしいです。



現在は植毛技術も随分と進歩しているそうですが、当初はいろいろなトラブルが発生したようです。
がまだまだすべてが解消されたわけではないようですので、慎重に対処すべきだと話されていたのを思い出しました。





theme : 抜け毛・発毛・育毛
genre : ヘルス・ダイエット

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。