アートネイチャー通販商品
進化系アートミクロン『アートミクロンプラビ』誕生!さらに使いやすくおしゃれになりました。...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災地に送るウィッグ(かつら)がん患者の必需品

東日本大震災で被災された方でウィッグ(かつら)をしていり方は大変だと思います。
抗がん剤治療の副作用で脱毛が起き、ウィッグ(かつら)をしている人、また若ハゲなどでウィッグ(かつら)を利用している人は大変だな~と思います。 


被災地ではお風呂にも入れないようですので、これからはウィッグ(かつら)をしていると蒸れてくることでしょう。つけている人しかわからにですが結構大変なのですよ。



日本大震災ー震災掲示板、Q&Aに「がん患者の生活 何が不足」というコーナーに

Q:被災地のがん患者に、日常生活に必要なものを送りたいのですが、何が不足しているのでしょうか?

A:がん患者団体のネットワーク「JーCAN」によると地震や津波で外出に欠かせないウィッグ(かつら)や帽子を失った被害者が大勢いるそうです。なかには共同生活となる避難所に入ることを諦め、壊れてままの自宅で過ごす人もいるということです。


同ネットワークの有志らが先月、生活必需品を被災地におくる One world プロジェクトをはじめ、まずはウィッグと帽子の提供を呼びかけたところウィッグ1300個 、帽子4000個が集まりました。


「通院患者らに渡したい」と希望のあった被災地の9病院におくりました。
読売新聞震災掲示板より引用



この呼びかけで集まったウィッグ(かつら)は総かつら(全頭)でしょう。
被災者の中には部分かつらの人もいるでしょうが、部分かつらは人それぞれによって大きさとかが違いますので、チョット会わないですね(頭に)また被災地での共同生活ではウィッグ(かつら)を外して、頭を拭いて。。。とはなかなか出来ないでしょうね。


共同生活となる避難所を諦めて壊れたままの自宅で過ごすという人の気持ちが分ります。
早く安心して暮らせる日が1日も早く来るように祈ります。

関連ワード:抜け毛 育毛 発毛 コラム 女性 スカルプ シャンプー お試し 口コミ トリートメント


theme : ヘアケア・ヘアスタイリング
genre : ファッション・ブランド

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。