アートネイチャー通販商品
進化系アートミクロン『アートミクロンプラビ』誕生!さらに使いやすくおしゃれになりました。...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本女性のシャンプーやトリートメントの理由

日本シャンプー市場では、かっての国産シャンプーの生みの親である花王が独走していた。
だが、1985年ユニリーバ・ジャパンがこの市場に本格参入して花王に揺さぶりをかけた。



以来、加熱気味だった日本シャンプー・コンディショナー市場は、2005年に、資生堂「TSUBAKI」の新ブランドで大攻撃をかけたことにより、超過熱状況になった。
その「TSUBAKI」攻撃にかける資生堂の投資規模は100億円に上るという。



日本でこれほどシャンプー・コンディショナー市場がもりあがる背景には日本独特の事情がある。日本女性は、ヘアスタイルに手間とお金をかける、その分、パーマやヘアカラーなどによって、髪に負担をかける度合いがつよくなる。


そこで痛みがちな髪のケアーとして、美容の要素を含んだシャンプーやコンディショナーの需要が拡大するというわけです。
自然な黒髪が復活しつつある一方で、髪の形や色を目まぐるしく変えるトレンドはまだまだ健在なのだ。(雑学ネタより一部引用)


関連ワード:発毛 抜け毛 美容院 かつら 治療 洗髪 コラム スカルプ チェック





ドラッグストアーにもシャンプー・リンスの類が所狭しと並んでいます。
また容器もさまざまでカラフルな商品群、私にはどれが良いのか分りませんが、最近は妻が購入して浴場に並べてあるシャンプー・リンスを使っています。



以前はコンディショナーなど使うことはなかったのですが、最近は何となくシャンプー後コンディショナーも使うようになりました。



今度は育毛・脱毛予防に効果がありそうなシャンプー・コンディショナーなどがあれば良いのにと思っています。
いままでシャンプー・コンディショナーなどの商品は妻の購入するものときめてかかり手にすることもなかったですが、今後はチョット注意してみようと思います。






theme : 女性のビューティーケア
genre : ヘルス・ダイエット

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。