アートネイチャー通販商品
進化系アートミクロン『アートミクロンプラビ』誕生!さらに使いやすくおしゃれになりました。...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療用かつらはなぜ医療費控除の対象にならないのか?

今年もそろそろ税金の申告時期が近づいてきました。
2月16日からの受付ですが、医療費控除等で還付金のある人はそれ以前でも受け付けています。
妻の分の所得税の申告を早めに済まそうと思って準備してます。(確定申告用紙はA用です。)



医療費控除で気になるのが医療用かつらを医療費として認めてもらえるか?ということですが。。。
昨年、税務署に医療用かつらについて問い合わせたところは認められませんとのことでしたが。。



昨年は下記のように税務署に問い合わせました。


”医療費控除のことでお聞きしたいのですか?
抗がん剤等の治療をすると脱毛が始まります。なかには頭髪全部が抜けるという場合もあります。
そこで患者さんは精神的な苦痛を和らげるために医療用かつらを注文する場合がありますが、
これは医療費控除の対象になりませんか?”



と問い合わせた結果
”誠に申し訳ありません。抗がん剤治療までは認めておりますが、医療用かつらまでは残念ながら認めておりません。”との返事が返って来ました。



昨年は「そうですか」と言うことであきらめましたが、その後ネットで調べていると下記のような文言が。。。。




国税庁の『タックスアンサー』に、次のような一文があります。
「医師等による診療や治療を受けるために直接必要な、義手、義足、松葉杖、義歯などの購入費用。」
骨折等で松葉杖が医療費として認められるのであれば「医療用かつら」は同じような部類に入るのではないかと思いますが。。。。



女性にとって髪の毛は、義手や義足と同等であると考えて差し支えないと思いますが。

受付の担当者によっても違うかもしれませんね。
今年もう一度別の担当者の話を聞いてみたいと思います。

関連ワード:増毛 発毛 口コミ 女性 スカルプ スキンケア 確定申告 税務署 タックスアンサー 青色申告






theme : 税金
genre : 政治・経済

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。