アートネイチャー通販商品
進化系アートミクロン『アートミクロンプラビ』誕生!さらに使いやすくおしゃれになりました。...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗がん剤治療による脱毛とかつら専門業者

抗がん剤治療による副作用の脱毛は、医療機関、毛髪業者などのホームページでよく取り上げられています。

毛髪業者は医療用かつらを売らんがために・・・・という部分もあると思いますので、誇張した表現になっていないか? 
と思われる方もあるかもしれないと思い
「抗がん剤治療による脱毛」埼玉医科大学国際医療センターHP
とか
「抗がん剤治療による脱毛」独立行政法人、国立病院機構、大阪医療センター
など医療機関の文面を参照しました。




やはり抗がん剤治療を行えば高い確率で脱毛が起きるということですね。治療に使われる薬剤などによっても差はあるようですが殆どの場合は脱毛が起きるようです。


が個人差もあり必ず脱毛が起きるとは限りません。また脱毛の程度もいろいろで眉毛から体毛まで抜けてしまう場合もあります。





化学療法、すなわち抗ガン剤による脱毛は、薬剤がガン細胞以上に早いスピードで分裂する毛根の細胞にまでダメージを与えてしまうために起こります。
投薬が終われば、再び髪は生えてきます。


治療後の脱毛から治療が終わり再び髪が生えてくるまでの期間の精神的なショック等を和らげるために毛髪業者ならびかつら専門店などのセールスが時には大げさに・・・

治療後半年から1年程度で髪は生えてきますが、女性の場合は元通りの髪になるまでにはさらに期間がかかります。丸坊主からロングヘアーまでとなると年単位の日数が必要ですね

丸坊主の期間に医療用かつらが必要だということですが、費用などを考えればバンダナとか帽子などで代用されてもいいと思います。

関連ワード:増毛 発毛 サプリメント 口コミ 女性 スカルプ スキンケア 2010



theme : ハゲ対策・育毛・発毛・増毛
genre : 心と身体

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。