アートネイチャー通販商品
進化系アートミクロン『アートミクロンプラビ』誕生!さらに使いやすくおしゃれになりました。...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「抗がん剤治療による脱毛」発毛の時期は?

抗がん剤治療側からの脱毛に関する部分を抜粋しておりますが、これらを見る限りではどの先生方または施設等においての見解でも脱毛の程度こそあれ抗がん剤治療においては脱毛は仕方ないようですね。



がん化学療法に伴う皮膚障害・脱毛は,身体的な問題は必ずしも大きくありませんが,目に見える有害反応であり,心理的苦痛を伴います。心理・社会的な影響や,QOLへの影響が懸念されます。患者様に事前に十分な情報提供を行い,障害が発生した際にはその程度に応じたケアを行うことが重要となります。



頭皮の毛根細胞は,造血器官,消化管粘膜などと並んで生物的な活性が高く,抗がん剤の影響を受けやすい器1つです。

脱毛の程度は、個人差が大きく,軽度なものから,頭髪が完全に抜けてしまう、また、眉毛、体毛まで抜ける場合もありさまざまです。
治療に使用する薬剤の種類,投与量,投与経路,スケジュールなどによっても変化します。


毛包には毛周期があり,成長期,退行期,休止期のサイクルを繰り返しています。抗がん剤による脱毛の機序は正確にはわかっていませんが,毛包内にある毛母細胞が障害された結果と考えられ,毛母細胞の障害の程度により,成長期脱毛と休止期脱毛の2つに分けられます。





成長期脱毛は,毛母細胞機能障害が著しい場合に生じ,比較的早期から脱毛が始まります。毛母細胞の障害の程度が軽い場合,抗がん剤投与後3?6か月程度で休止期脱毛を起こします。



通常,抗がん剤により毛母細胞が完全に消失することはなく,脱毛は一時的かつ可逆性で,治療終了後半年ほどで新しい毛髪が再生します。元の髪質と異なった髪が生えてくることもありますが,2年程度でほぼ元の髪質に戻るとされています。



脱毛は,ほとんどすべての抗がん剤で起こり得る有害反応ですが,ドキソルビシン,エトポシド,イリノテカン,タキサン類などでは,びまん性に高度な脱毛をきたすことがあります。


抗がん剤による脱毛は,髪が薄くなったり,洗髪の際に多くの髪が抜けたりするなど,患者様が見過ごすことのできない有害反応です

佐久間ゆみ(神奈川県立がんセンター看護部)がん化学療法と症状管理?皮膚障害・脱毛ーーより一部抜粋
http://www.bms.co.jp/medical/sizai/OncolNurse-10.pdf

関連ワード:増毛 発毛 サプリメント 口コミ 女性 スカルプ スキンケア 2010



theme : 身体の悩み
genre : ヘルス・ダイエット

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。