アートネイチャー通販商品
進化系アートミクロン『アートミクロンプラビ』誕生!さらに使いやすくおしゃれになりました。...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャンプー後の高熱のドライヤーは毛髪を傷める原因

シャンプーした後に、高熱の送風で髪を乾かす場合は髪や、頭皮を必要以上に乾燥させやすいために、注意が必要です。また髪を濡れた状態のままにしておくと、摩擦抵抗が大きくなるので、表面のキューティクルがとても傷つきやすい状態なので、決して濡れえた髪をブラッシングなどしないようにしましょう。


かつらの洗髪などは少しぬるま湯程度で一度目は簡単に洗い、2度目は丁寧に洗ってシャンプー・リンスして水切りしてバスタオルなどにくるんで洗濯機で水分を飛ばして(5分程度で十文です。)出来ればドライヤーで送風のみで乾かすのが良いようでしょう。


リンスは必ずすると良いでしょう。リンスしないとブラシが通りにくく、また余分な力を入れると髪が切れたり抜ける場合がありますので、注意が必要です。かつらは自毛と違い一度抜けた髪は生えてきませんので自毛以上に注意が必要です。




自毛の洗髪後、短いヘアースタイルの人はタオルで拭いて自然に乾くのを持つのも良いでしょうが、ロングヘアーの場合はそうもいきませんのでまずタオルで丁寧に水分を吸収し、ドライヤーは低い温度で頭皮を中心に短時間当てるようにして乾かしましょう。



またあまり髪に近づけないようにしましょう。少なくとも20cmは離し、こまめに動かしながら使うのが良いでしょう、局部的に長時間のドライヤーは良くありません。



スタイリングにドライヤーを使う場合にも、一度髪を湿らせたり、ヘアローションを塗るなど、髪を乾燥させすぎないように注意しましょう。

このサイトで直近に検索された語句の一部

部分かつら 野際ようこ
ヘアーかつら
プリマモエミ 値段
抗がん剤のち発毛
アートネイチャー・展示会

関連ワード:増毛 発毛 サプリメント 口コミ 女性 スカルプ スキンケア 2010
















theme : 抜け毛・発毛・育毛
genre : ヘルス・ダイエット

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。