アートネイチャー通販商品
進化系アートミクロン『アートミクロンプラビ』誕生!さらに使いやすくおしゃれになりました。...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗がん剤治療による医療用ウィッグ(かつら)の実態

抗がん剤治療と言うと高齢者を連想するようですが、最近は若い人での抗がん剤治療による脱毛で医療用かつらを使っていろ方が多いようですね。


一昨日も友人から、お店の女の子が抗がん剤治療で今は医療用かつらを使用しているというメールをもらいました。

同時にお兄さんの奥さんも(義姉)同じように抗がん剤治療で脱毛して医療用かつらを使っておられるようです。
抗がん剤治療で脱毛による医療用かつらはピンからキリまでありますが、実際にはどれくらいの値段のかつらを購入されるのでしょうかね。



高いものになれば数十(30万近いものもありますが。。。)下は数千円からありますが、以前に聞いたときには3?5万円あたりの商品を購入される方が多いと聞きました。


抗がん剤治療がおわれば半年から?1年もすれば医療用かつらも必要なくなるでしょうから、あまり高額なかつらも必要ないのではないかと思いますが。。。。女性にとっては髪はなくてはならないものですから、、「髪は女の命」すからね???




抗がん剤治療(http://allabout.co.jp/gm/gc/7584/)より引用

変わりつつある抗がん剤治療の位置づけこれまでの抗がん剤治療は、効果がピンポイントではなく全身に行き渡る一方、副作用のリスクが広範に及ぶという特性を持っていました。そのため、抗がん剤治療は、手術後の再発防止や多臓器転移のために手術や放射線治療が行えない場合の代替的な手段として行われてきました。


しかし、1990年代から多くの新規抗がん剤が開発・発売され、抗がん剤治療の新しい方法が組み合わされるように。さらには、抗がん剤の副作用を軽減するための取り組みが効果を上げ始め、副作用のリスクからそれまで敬遠されてきた手術前の抗がん剤治療や、放射線治療との併用療法も行われるようになってきました。


つまり、これまではあくまで地固め、もしくは他の方法が使えない場合の姑息的手段として行われていた抗がん剤治療が、手術や放射線と組み合わせて効果を発揮する治療法として、従来以上に重要度を増すようになってきたのです。


関連ワード:ブログ 無料  育毛 増毛 抜け毛 女性かつら 男性かつら




theme : ハゲ対策・育毛・発毛・増毛
genre : 心と身体

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。