アートネイチャー通販商品
進化系アートミクロン『アートミクロンプラビ』誕生!さらに使いやすくおしゃれになりました。...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗がん剤治療後の脱毛とヘアーキャプ(かつら、帽子、バンダナ)

抗がん剤治療では男性、女性に限らず治療中に脱毛という症状が起こりますが、抗がん剤治療を受けたからといって必ず脱毛の症状が出るとは限りません。


治療前に医師に相談して脱毛が起きる場合は事前に医療用かつらなどを準備して治療に専念できる環境を作っておくのが良いと思います。


抗がん剤の種類によって脱毛しやすいものと、しにくいものがあります。
それゆえ抗がん剤治療を受けても脱毛の症状がほとんど出ない患者さんもおられます。
が、反対に抗がん剤治療の為に毛髪、まつげ、眉、体毛など全身におこることもあります。



抗がん剤治療薬に「タキソテール(商品名)」とか「タキソール(商品名)」などの抗がん剤を使用した場合は高い確立で脱毛の症状がでます。


抗がん剤は、分裂が盛んな細胞を攻撃する性格をもっています。がん細胞は分裂が早く、抗がん剤は、その成長を死滅させ、成長を抑制するため投与します

、が、髪を作る毛母細胞も成長の早い細胞ですので、毛母細胞が抗がん剤の攻撃を受ける結果となって、脱毛現象が起こってしまいます。

また抗がん剤治療薬によっては毛髪だけでなく、眉毛、体毛までも脱毛症状が現れる場合もあります。



抗がん剤治療を受けると高い確率で脱毛が起きますが、脱毛は個人差がありまた、抗がん剤治療薬によって脱毛の程度が違います。


抗がん剤治療を受けたからといって必ず脱毛が起きるとは限りませんが、事前に医師に相談して脱毛が起きると予測されれば、早めに医療用かつら、バンダナ、帽子などを事前に用意して治療に専念できる環境を作っておきましょう。


関連ワード:ブログ 無料 育毛 増毛 抜け毛 発毛  口コミ スキンケア スカルプ

theme : 薄毛・抜け毛
genre : ヘルス・ダイエット

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。