アートネイチャー通販商品
進化系アートミクロン『アートミクロンプラビ』誕生!さらに使いやすくおしゃれになりました。...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かつら・ウィッグ毛髪の傷みの原因

ウィッグ(かつら)も長らく使っているとウィッグ(かつら)自体も傷みますが、同時に髪自体も痛んできます。
色褪せは人毛ウィッグ(かつら)限ります。
人工毛ウィッグ(かつら)では色褪せはほとんどありません。


人毛は、いったん毛の色を抜き、一人一人の髪の色に合わせて染色しているので、ある程度の期間使用していれば、色褪せしてしまうのは仕方のないことです。


カラーリングにはいろいろな方法がありますが、特にダメージの大きいのは色素を抜くヘアダイとブリーチ。どちらも刺激の強い液剤を使うので、髪の痛みは避けられません。
だいたい半年?1年で色落ちしてきます。


人工毛は、化学繊維でできているので静電気や、摩擦で毛が縮れてしまいます。
傷んでくると髪自体に艶もなくなり、ブラシなども通りにくくカサカサした髪になりまた調髪などでセットした髪型も崩れやすくなります。


艶出しスプレーなどでカバーも出来ますが、使っているうちに傷んでくるのは仕方ないことです。また出来るだけ長持ちさせるようにするには当初からの取り扱いにも注意が必要でしょう。





またかつらを長持ちさせるためには、

かつらをはずし、かつらの裏側についた汗などの汚れをよく落とし、清潔に保ちましょう。
それと共に、自身の頭皮、毛髪も清潔に保ちましょう。



就寝時はかつらをはずし、自身の頭皮、毛髪を休ませると共に、かつらも、かつら台などに置き、型崩れや、くせがつかないように保管しましょう。



かつらを着用したままの就寝は、かつらをいためるばかりではなく、自身の頭皮と頭髪にも負担が大きく、抜け毛の原因にも繋がるので注意しましょう。


関連ワード:動画 ブログ 無料 ダイエット 育毛 発毛 抜け毛 口コミ スカルプ スキンケア





theme : 抜け毛・発毛・育毛
genre : ヘルス・ダイエット

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。