アートネイチャー通販商品
進化系アートミクロン『アートミクロンプラビ』誕生!さらに使いやすくおしゃれになりました。...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療用かつらで抗がん剤治療でおきる脱毛を乗り切ろう。

医療用かつら、バンダナ、キャップなどを事前に準備して抗がん剤治療によっておこる脱毛を乗り切ろう。
若い女性での抗がん剤治療では脱毛は耐え難い「ショック」と言うより「苦痛」に感じるといってました。

知人の娘さんが、20代後半で抗がん剤治療を受け、髪の毛が抜けていく姿に本人もショックを隠せないが、そばで見ている親も見るに忍びないほどだったといいます。


「抗がん剤」という言葉自体も信じられなかったそうです。そのうえ、抗がん剤治療で脱毛が起きると医師に聴かされ2重のショックを受けたようです。



抗がん剤の治療を受けたからといってすべての人が脱毛が起きるとは限りません、投与する薬によっても
脱毛の程度も違い、また個人差もあるようです。

抗がん剤治療をしたからといって必ず脱毛が起きるとは限りません。また反面体毛までも抜ける場合もあるようですので、事前に医師に相談するのが良いと思います。






抗がん剤地ようによって脱毛が起きることが予測できれば事前に医療用かつら、バンダナなど、脱毛の為の準備を整えておくと精神的にも落ち着いて治療に専念できると思います。



また抗がん剤治療で脱毛がおきても治療が終れば髪は生えてきます。

治療が終れば半年程度すればかつらの必要がない程度に髪は生えてきますので。その間医療用かつら、帽子、バンダナなどを準備して治療中はできるだけ脱毛による精神的な負担をかるくして治療に専念できる環境を整えましょう。


関連ワード:抜け毛 育毛 増毛 ウィッグ ブログ 画像 無料 



theme : 抜け毛・発毛・育毛
genre : ヘルス・ダイエット

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。